2008年06月26日

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛

昨日、レディースデーサービスを利用して一人で映画を観てきました。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛←公式HP

架空の話なんですが、スピに興味がある人ならいろいろな感じ方が出来ると思います。

starbellが一番好きだったシーンは、アスラン(ライオン)と、ルーシー(妹)が再会して抱き合っていたところ。愛がいっぱい。

印象的だったシーンは、アスランの魔法で川がマスターみたいな姿になって人間を戒めるところ。

人間は地球、そして自然、植物、動物たちから大きな愛を貰って生きている小さな存在なのに、愛を愛で返せていないんだな。
一番、幼稚な存在なのに人間は地球上で一番存在価値があると思っている。。。
地球、自然、植物、動物が愛をくれなくなったら、ひとたまりもない小さな存在なのにね。。。

なんてことを一番感じました。

愛について
争いについて
信じることについて
裏切りについて
勇気について

いろいろな問いかけがあったと思います。

成熟した人間ってどんな人のことだろう。。。。。
タグ:映画鑑賞
posted by starbell at 09:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101561299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。