2008年11月28日

砂を噛む

砂を噛むような思いとか言いますよね。
意味は「物事に味わいや情趣がなく、無味乾燥に感じることのたとえ。」だそうですが、私は以前本当に何を食べても砂を噛んでいるように感じた経験があります。
それは約半日で収まっていきましたが、とても不思議な体験でした。

何を食べてもジャリジャリした食感がして、味もしないんです。
全く同じものを食べている人たちは美味しい美味しいと言っていたので、食べ物が悪かったわけではありません。

その直前、催眠状態になっていてたくさん涙を流しました。
潜在意識に関係して、味覚や食感が麻痺したのかもしれません。
あのままだったら、今頃ガリガリでしょう。
実際、その後もあまり食欲が戻らず三日で3kgくらい痩せました。
二十歳の時だったので、今の3kgとは違いゲソッとしました。
(今3kg痩せても誰にも気付かれないと思われ・・・笑)

あの時は五感の味覚が狂って、ごはんでさえジャリジャリ感じ、飲み物の味すらよくわからないという気味の悪い体験をしました。
潜在意識を浄化するのはいいことのようにも感じますが、危険も孕んでいることを知った上で色々なワークをするべきなのかなと思います。
口から食べ物で栄養を摂るのはかなり難しい状態でしたから、あのまま味覚が戻らなかったら、死んでいたかもしれません。

潜在意識の方が顕在意識よりも優勢になると、身体のコントロールが難しくなる気がします。
身体のコントロールが上手くできないと、身体を生かせておくことが難しくなります。
外していいブロックと、外さない方がいいブロックを見分け、外さない方がいいブロックは期が熟すまでそっとしておいた方がいいのかな。
それを知らずして手当たり次第ブロックを外すライトワーカーは、本当のライトワーカーではないですね。そういう人に当らないように気を付けましょう。

starbellはいつまでたってもライトワーカーになりませんが、期が熟していないので仕方がありません。でも、色々なことを学び、ゆっくりでもいつか大木になれたらいいなと思います。
なんとなく、今生で学び直している気がします。同じ失敗を繰り返さないために色々な先生に学ばせて頂きながら、自分を創造しなおしていると思います。

以前に受けた七空さんのチャネリングのメッセージの意味がわかってきました。^^
posted by starbell at 09:56| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ヒ−リングやワークを受ける場合も
自分が施す側になる場合も
リスクって、やはりある世界ですよね......

霊的な成長と現実の生活のバランスも
とりつつ進まなければならないし......

私もゆっくりゆっくりですが
これでいいのかなと
starbellさんの日記を読んで思いました

エネルギー整体についても興味津々なのですが
先生のご意見では、レイキのエネルギーは
反作用するものなのでしょうか........?
(そのあたりも詳しく聞いてみたいような.......)
Posted by gabrie at 2008年11月29日 06:06
gabrieさんへ

gabrieさんのブログのメッセージフォームからお返事しますね♪
Posted by starbell at 2008年11月29日 14:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。