2008年07月20日

七夕「ソウルリンク☆メディテーション」

日記にUPするのが、だいぶ遅れてしまいましたが、七夕の日にSAYA先生の「ソウルリンク☆メディテーション」を受けていました。

ヒーリングではなく、それぞれがご縁のある魂やスピリットとのリンクが深まるようにソウルリンク*波動装置でそれぞれの波動をグループソウルへと調整(*Produced by SPACE SEED 宇田先生)

して頂きました。

その時の感想はSAYA先生のブログにUPして頂いています。(7/10 皆さまの声 vol.1)

そして、皆さまの声 vol.2では、starbellが見たビジョンととても似ているビジョンを見ていた方がいらっしゃいました。(最後の感想)
<宇宙船の窓から地球を見ているようなビジョン>と<銀河鉄道999のような^^宇宙船に乗っている私がいました。そこから、遙か遠くの地球を見ているような。。。>が似てるなぁ・・・と。

アシュタールという宇宙系マスターのエネルギーを感じていたのかもとのことでした。SAYA先生のブログの7/9の記事にYMOの細野さんが登場するのですが、細野さんとstarbellの誕生日は一緒なんです。
アシュタールがアピールしているのかしら?
でも天使系もあると思っているのですが。。。(願望?笑)

そして、七夕以降、実際の交友関係は拡がっていませんが新たなブログとの出会いが続いています。その中にやっぱり「龍」とか「宇宙」とか「レインドロップ」というキーワードが入っています。
特に「龍」と「レインドロップ」は、今starbellが目を向けるべきことなんだろうと感じています。

その一方、「忍耐」というメッセージが2回来たり、「古い知人が再び現れる」というメッセージも気になります。
「忍耐」は今までにもたくさん貰っているメッセージですが、「古い知人」とは、現実の存在とは限らないのかもしれないと思い始めました。

現実的に何も起こらないように見えても、今までより自分自身を信頼して「私は正しい道を進んでいる」という心境になってきました。
これって、「ソウルリンク☆メディテーション」のかなりの効果かも!

波動装置はそれを操作するオペレーターによる所が大きいらしいですが、SAYA先生のオペレーションにより、確実にソウルリンクを繋げて頂きました。

SAYA先生に感謝♪\(^o^)/
そしていつか宇田先生のセッションを受けてみたいと思っています。
posted by starbell at 10:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

アトランティスの叡智を読んで




図書館から借りてきて、今日返却日なのですが、やっと読み終わりました。
どのくらい理解できたかと言えば、あ・ん・ま・り です。笑

でも所々ハートで納得が行く所もあり、また成長したらもっと理解の幅が拡がると思います。

チャネリングで見えるビジョンと自分で作るイメージは違うものですが、イメージすることも大事なんですね。
イメージすることでそれが物質化されたり、現実化したりするらしいです。

本のサブタイトルに、「思考の現実化/意識の物質化」と書いてありますし、ついイメージしてしまう自分に『妄想疑惑』を持っていたのですが、それもありかなーと気楽に思えるようになりました。^^

本の最後の方に「チベットの六つの儀礼法(チベット体操)」が載っています。クンダリーニのエネルギーが覚醒するらしいです。
でも急ぎすぎると、“感覚が異常に鋭くなる、透視によるビジョンが散発的に見える、自発的な体外離脱体験、オーラが見える”ようになるそうです。

そう聞くと是非急いでやってみたくなる人がいるかもしれませんが、ゆっくり無理なく進める方がいいと思います。

人よりも優れていたいとか、特別な存在になりたいとかそういう思いを持っていたら気をつけた方がいいです。
そういう思いを持っているということは、覚醒できないという証明になります。

・・・そんな感じのことが、この本には色々と書かれていたような気がします。笑
posted by starbell at 12:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

魔法の波動調整術

「アトランティスの叡智」の読書中にもかかわらず、
書店で気になる本を見つけてしまったので買ってしまいました。
この本はあっという間に読めます。




読書した感想は、結構面白いです。
図形のエネルギーを波動活用すると言う本です。
千円もしないのにいろいろなエネルギーの図形が載っているし、
個人使用する場合は自由に使って下さいとシェア精神!
(巻頭に付録のシールが数枚付いています。)
来週、自分でもシールを作ってテレビやパソコン、車などに
貼って実験してみる予定です。

アトランティスやレムリアにも少し触れていました。

エネルギー&波動は目に見えないし、触れられないけれど、
確実にあると感じているので探究するのは楽しいです!
posted by starbell at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

アトランティスの叡智を読んでいます




今、この本を読んでいます。
starbellが読ませて頂いているブログの中にあまりんさんのブログがあります。(以前の日記でもリンクを貼らせて頂いたことがあります。)

あまりんさんのブログの記事を読んでいて、とても共感することをゲリー・ボーネルさんが仰っていたと書いてあったので、早速、図書館で本を取寄せました。
ゲリー・ボーネルさんの存在は有名な方なのでもちろん知っていましたが、すごーくstarbellの悩んでいたことを端的に言葉で表現されていて「やっぱり凄い人だ!」と思いました。
まさしくstrbellはたくさんの葛藤を抱えて生きています。
自分の反応が「あ〜ダメダメだわ・・・」と感じつつ、なかなか達観できる領域には入れないでいます。
自分と自分がくっ付きすぎていると言うか、侮辱には反応します。笑
でも侮辱に反応した時に、良いエネルギーは出ていません。
自分が出すエネルギーに責任を持つならば、自分の反応にも責任を持たなければいけません。でもこれは難しいことです。
人の感情は無常です。絶えず変化していますから。。。

頭で考えるより、実際にそこまで到達している人の近くで生活する方が何倍も早く成長できると思うのですが、残念ながらstarbellの生活範囲には見当たりません。(滅多にいないと思いますけれど・・・)
この本を読んで、少しは成長できるといいんですが。

あまりんさんのブログの記事はとてもわかりやすいですよ。
自分のセンターにいることがとても大切なんですね。
グラつかない自分を創造したいな。
posted by starbell at 10:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

人生回顧録・補足

人生回顧録の中で、starbellが父に期待していない理由は前世にあるのではないかと書きました。今日はその話を書きたいと思います。

まず、前世を思い出したわけではないことを最初にお断りしておきます。

starbellは赤ちゃんの時から記憶が断片的にあるのですが、まだ伝い歩きをしていた頃だと思います。
父の胡坐をかいた足の上にちょこんと抱っこされました。そのようなことはそれまでにも数え切れないくらいあっただろうと思います。
でも、そのときは何故かゾーっとしたのです。理由は無いのですが、(この人に抱っこされている自分がおぞましい)という感覚を抱き、すぐさま立ち上がって離れたかったのですが、身体がまだそこまで発達していなかったため、そのまま抱っこされていました。

その記憶は大人になるまで忘れていましたが、それがあったから親としての愛情を注いでもらうことを期待していなかったように思います。
「私の骸を見て笑っていた人」という感覚がするのです。
「骸(むくろ)」という言葉が浮かぶのです。

死後の世界でマイナスの感情は浄化され、その証に親子として今生に生まれてきたような気もします。

傷つくのは期待をするからだと思います。
starbellは、母には期待をしていました。故に傷ついた。
父には期待をしていなかったから、傷つかなかった。
でも父にも愛情は持っています。人間としての関係は経ってしまったけれど、死後の世界では再会してその後のことを聞きたいと思います。




父は、小学校2年生のときに母親を病気で亡くし、少年時代は戦争で常に死の恐怖と戦っていました。東京に住んでいたので、集団疎開もしています。父の父(祖父)は、あまり子煩悩な人ではなかったらしく、少年だった父は誰かに守られているという安心感は持てずに育ったようです。
(自分の身は自分で守らないと誰も守ってくれない)という経験をたくさんしてしまったのでしょう。

父は頭も良く、字も絵も上手く、身体もその当時の男性としては大きい方で、才能には恵まれていたと思います。
そしてリーダーシップもあるのですが、強引で自分勝手でもありました。人の気持ちがよくわからないのかもしれません。


今生に生まれてくる前にお互いに何か役割的な約束をしていたと思うので、魂の再会をした時にどんなことを話すのか楽しみです。
posted by starbell at 09:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

レインドロップ追記

昨夜リンクを貼った記事を載せたのですが、該当ブログの該当記事にはリンクが貼れない設定になっていたので、削除しました。
posted by starbell at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛

昨日、レディースデーサービスを利用して一人で映画を観てきました。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛←公式HP

架空の話なんですが、スピに興味がある人ならいろいろな感じ方が出来ると思います。

starbellが一番好きだったシーンは、アスラン(ライオン)と、ルーシー(妹)が再会して抱き合っていたところ。愛がいっぱい。

印象的だったシーンは、アスランの魔法で川がマスターみたいな姿になって人間を戒めるところ。

人間は地球、そして自然、植物、動物たちから大きな愛を貰って生きている小さな存在なのに、愛を愛で返せていないんだな。
一番、幼稚な存在なのに人間は地球上で一番存在価値があると思っている。。。
地球、自然、植物、動物が愛をくれなくなったら、ひとたまりもない小さな存在なのにね。。。

なんてことを一番感じました。

愛について
争いについて
信じることについて
裏切りについて
勇気について

いろいろな問いかけがあったと思います。

成熟した人間ってどんな人のことだろう。。。。。
ラベル:映画鑑賞
posted by starbell at 09:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

レインドロップ

昨日から、停滞期を抜けたような感覚があります。
この2ヶ月本当に調子が悪かったのですが、ブログの人生回顧録を書き終えたからか、バイオリズムが上がり始めたのか、嬉しいことが起こってきました。

一昨日、SAYA先生に黒ハートマイミク黒ハートにして頂いたのですが、過去記事から「レインドロップ」という言葉を発見! 昨日はそこからシンクロが始まります。

以前から背中が痛むことがあったのですが、とうとう背骨自体が痛み出し、(加齢によるものか、はたまたエネルギー的なものか?)と悩んでいました。とりあえず、ピップのすごいお姉さんに登場してもらっているのですが、エネルギー的なものだったら、チャネリング・スクールで一緒仲間だったMさんのチャネリング・メッセージの通り、アロママッサージなんていいんだろうなーと思っていたのです。

話は戻りますが、レインドロップを検索してみました。
なるほどなるほど・・・でも、誰にやってもらったらいいの?
エネルギーワークは、施術してくれるセラピストさんによるところが大きいので、迷いました。
で、一時放棄。笑




starbellのブログはseesaaなのですが、アクセス解析というのがあって、検索エンジンとかリンクしてくれているサイトがわかる機能があります。(個人はわからないのでご安心ください。)
少し前から、ある方がリンク集にstarbellのブログを置いてくださっていて(ありがとうございます!)、そのリンク集からある方の“あえて宣伝していないブログ”を発見してたまに覗いていました。
(なんか隠密っぽいの。ブログと言うより通販サイトみたいなの。)




そのブログを昨日たまたま開いたら、レインドロップの期間&人数限定のセッション募集があるではないですか!!

施術してくれるセラピストさんのHPにも載っていない裏メニューなんです。
早速予約して、7月の下旬にセッションして頂けることになりました。
これがシンクロでなくて、何がシンクロと言えよう!笑

でもね、天使のいたずらが一つ。
starbellが予約をした時は、サロンの場所が泉岳寺だったんです。
「近いわ〜♪」と喜んでいたら、予約OKのメールに「7月からサロンが大泉学園に変わります。」って書いてあった・・・。
せっかくなので行きますが、最初から大泉学園だったら、家から30分以上かかる所は全部「遠い」と思うstarbellは、どうしていただろう?

予約メールを送ったのが、6/23 23:05 で、
予約OKメールが届いたのが、6/24 01:05。
この僅か2時間の間で、場所が泉岳寺から大泉学園に変更したんです。
行動範囲の狭い、方向音痴のstarbellは、そろそろ卒業しなさいってことかな。ふらふら

SAYA先生のサロンが恵比寿で本当に良かった。。。
posted by starbell at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

人生回顧録その11

母は病気の後遺症でまだ身体が万全ではなかったのですが、孫の面倒をみるのがリハビリになったのと赤ちゃん大好きな人なのでそれも癒しになったのか、とても楽しんで生活をしてくれていました。でも2軒のアパートの家賃を払っていくのは大変です。夫は公営住宅に申し込んで同居することを提案してくれ、当選したので3LDKのマンションに移り住みました。夫の通勤は大変になりましたが、郊外の暮らしも自然が多くて子どもにも良い所でした。(starbellは通勤が大変なので仕事を辞めました。)

ただそこに転居した頃から、母の様子がおかしくなりました。
starbellを疑い始めたのです。妹とstarbellを重ねて見ていたのかもしれません。
何の他意もない言葉に苛立ち、感情をぶつけてきました。(こんな人だったの?)と驚きました。
ある日、あまりにも酷い侮辱的な言葉をぶつけられ、自分も怒りをぶつけそうになりました。それまでも我慢していたのですが、あんまりだと思う言葉でした。一番頭に来た原因は、starbellを疑っていることです。starbellが母を利用するために引き取ったと言われたからです。お金はあげたけど貰っていないし、家事もstarbellが主にやっているし(どこが?!)と思いました。

ただ、立場的にstarbellの方が強く、母の方が弱いので怒りをぶつけようかどうするか迷いました。でもかなり悔しかったので怒りをぶつけようかと思ったとき、声がしました。

「今、starbellが怒ったら、お母さんが可哀想だよ。」

その声で自分の怒りをぶつけるのはやめました。
母は自室に篭って出てきませんでした。
夕食の時間になったので、普段通りに優しく呼びに行ったのですが、母は「うん。」と答えてしょんぼりしていました。

声の主はきっとハイヤーセルフだったと思います。そのときはそんな知識はありませんでしたが、自然に受け止めていました。感情的になって自分の怒りをぶつけず正解でした。

もしかしたら、母はそのとき霊に憑依されていたかもしれないと思っています。母の不安が霊と同調し憑依され、性格の変化が起きたのかもしれません。
数年後、その時のことを母に聞いたのですが、全く記憶にないと言っていました。そんな風に思ったことすらないとも。嘘をついている様子はなかったので、怖いなぁと思いました。

今は夫の地元に家を新築し、母も同居させてもらい、平和に暮らしています。

両親からたくさんのことを学びました。苦労したと言えば苦労したけど、自分の人生ではなく親の人生を眺めて学べたのだから、やっぱりラッキーかなと思います。
ただ、心が傷ついた出来事も多かったので、それについては癒して解放する作業を自分でしていくつもりです。もう大分解放できてきたと思いますが、全部解放できたらもっと強くなれると思います。目標は「暖かいおひさまみたいな人になること」です。

starbellは、人を傷つけたり、受け入れられなくて拒絶したり、無視したり、わがままだったり、言葉が足りなかったり、ずるかったり、恥ずかしいところもたくさんありますが、頑張って生きてきたことにだけは誇りを持っています。

欠点はたくさんあるけど、ハイヤーセルフはstarbellを愛し続けてくれています。
欠点を含めて全て愛しいと思ってくれているのを感じたことがあります。
今まで自分を見失わずに生きてこられたのは、ハイヤーセルフが要所要所で良いアドバイスをくれていたからです。それをキャッチしやすい体質の人と、キャッチしにくい体質の人がいるんだろうなと思います。まだ勉強を始めたばかりですし、これから先どうなっていくかわかりませんが、多くの人がハイヤーセルフとの繋がりを実感できる世界になればいいなと思います。

長い長い人生回顧録にお付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by starbell at 10:28| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 人生回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

人生回顧録その10

starbellも恋愛しました。(数少ないですが・・・笑)
starbellは幼少の頃、母に拒絶されたと思った体験から、人を信じきることに恐れを持っていました。恋愛しているのに距離があるので、上手くいかないのです。自分でもわかっているのですが、どうすることも出来ませんでした。

でも25歳の終り頃、付き合い始めた彼(夫)はそんなstarbellに「あなたはおかしい。」と正面からズバッと切り込んできました。真正面から言われたのでstarbellも自分の恐れについて話すことが出来ました。彼(夫)は、「俺は大丈夫だ。」と言ってくれました。それが信用できると思えたので、現在の私たちがあります。夫のおかげでブロックを外すことができました。感謝しています。

そして、27歳で結婚したのですが、母もその頃またBさんに連絡し、寄りを戻していました。
starbellは今度こそ母も再婚し、幸せになって欲しいと思っていました。
だけど結局、母が何かと理由を付けて再婚から逃げました。自分から連絡をとっておいて、本気じゃないなんて、Bさんに対して申し訳ないと思いました。

Bさんと別れた母は、starbellと夫が暮らすアパートの近くに転居してきました。その後、病気をしてしまい、働けなくなってしまったのですが、starbellも妊娠をしてつわりが重く働けなくなったので、母は頼る人がいなくて困っていました。
そんな時、母の妹が母を引き取って一緒に居酒屋をやりたいと言ってきました。starbellは、叔母に裏があると直感したのですが、母がその申し出に乗っていたし、自分が何もしてあげられない状態だったので強くは反対できませんでした。

母は妹と一緒に居酒屋を開店したのですが、妹が経営者で母はお手伝いという状況になり、お金も絡んでいろいろ揉めたらしいです。そんなとき、母がまた病気になり倒れてしまいました。starbellは出産直後で、他県にいる母の看病はできないので、妹である叔母が面倒をみてくれたのですが、いろいろあった後なので母は大変だったと思います。
そんな状況で母はCさんに連絡を取りました。Cさんは体力を回復するために一緒に散歩をしてくれたりしたそうですが、母はお金が欲しかったようです。Cさんはそういう関係は嫌だとの気持ちからリハビリに協力してくれたのですが、母は不満を持っていました。それでも付かず離れず関係は続けいていました。

結局、居酒屋は閉めることになり叔母の所での生活ができなくなったので、starbellが母を引き取ることになりました。アパートには部屋数が足りないので、近くにまた母用のアパートを借りてそこに住まわせました。starbellは娘を母に預けて働きました。

(つづく)
posted by starbell at 13:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。